お金を借りるには

ネットでお金を借りる。引き落とし日の残高不足に。

更新日:

 

公共料金や税金、クレジットカードの支払いなど、
銀行から引き落としされるお金が毎月発生しますよね。
ネットでお金を借りる



当然ですが引き落とし口座に残高がないと
引き落とし不能になってしまいます。


放っておくと、電気やガスが止められたり、電話が使えなくなったり
クレジットカードなら遅延すると信用情報に傷がつく可能性もあります。


また、学校の給食費などとなると、引き落とし不能の通知をもらうなど
何度も続くとわが子にも不憫な思いをいだかせてしまうかもしれません。


 

お金を今日借りる!ネットで借りるには

 

あ!今日が引き落とし日だった!というケースでも、
銀行に出向かなくても口座に入金できるのがネットで借りれるカードローン。


平日の早い時間帯に手続きをすれば、当日の引き当てに間に合わせることもできます。


引き落としに使っている銀行口座を、キャッシングの振込み口座に指定しておきましょう。


 

プロミスの瞬フリなら深夜や休日でも最短10秒!

 

240×120スマートフォン用


指定の振込口座が三井住友銀行またはジャパンネット銀行の場合

深夜でも土日祝日でも24時間最短10秒で振込み完了の”瞬フリ”が利用可能。


銀行が時間外でも手数料0円で自身の口座に振込みできるから
給料日前や入金忘れで残高が足りない時も安心です。


その他の銀行口座の場合

平日の9時~14時50分迄の受付分は、10秒程度で振込み。
平日の0時~9時迄の受付分は、9時半頃。

平日14時50分以降や土日祝日受付分は、翌営業日9時半頃に着金。


プロミスは1000円単位で金額指定可能なので
必要なその時に必要な分だけ借りることができます。



 

銀行の引き落としのタイミングって?

 

口座からの自動引き落としのタイミングは、引き落とし元がどこかということではなく
指定口座の各銀行ごとのタイミングによるところになります。


通常は引き落とし日前日までに用意するように案内がされていると思いますが
残高が上回っていれば、日付けが変わる時や午前中のところが多いです。


ただ、この1回目の引き落としのかかる時点で残高が不足していても、
当日中に入金しておけば実際には引き落としは間に合うケースがほとんどです。


銀行によってそのタイミングは様々で、当日中に2回めの引き落としがあるところが多いようです。


一例ですが、ゆうちょ銀行は夕方頃、新生銀行は夕方~夜にかけて、
中央ろうきんは入金が引き落とし額を上回ればその都度即時に、引き落としがかかりました。


大手のカードローン会社はインターネットサービスが充実しているので
かんたんな操作で自宅に居ながら、指定の口座に振り込みの操作ができます。


また、スマホからも手続きできるので仕事の合間や出先でも大丈夫!


とりあえず次の給料まで間に合わないという時でもとても便利です。


自身の口座からかき集めるとしたら、引き出し&入金の手間や
振込み手数料がかかることを考えると、イザという時に1枚あると心強いです。


 

中でもおすすめは、
1000円単位で借り入れOKの【 プロミス 】です。

 
 

-お金を借りるには
-, ,

Copyright© お金を借りる | ネットでカードローン申込み , 2017 AllRights Reserved.