借り入れ方法

楽天銀行スーパーローンのお金の借り方、返し方。

更新日:

 
楽天銀行スーパーローンでの審査申込み手順や必要書類、契約後のお金の借り方と返済方法について紹介しています。

 

楽天銀行スーパーローンの審査

 

楽天銀行スーパーローンでお金を借りるための審査申込み基準はこちらです。

  • 満20歳以上、60歳以下である
  • 日本国内に居住している
  • 毎月安定した収入がある
  • 保証会社の楽天カード株式会社の保証を受けることができる

 

上記の条件をすべて満たした人は申込みをすることができ、楽天銀行と保証会社の審査が行われます。

申込みの時に必要事項を記入した後に審査が行われ、結果は本人に通知されます。

入会の条件を満たしていても、これまでの他社のローンの利用状況などにより、審査に通らないこともあります。
 
審査結果に落ちたとしても、理由は説明してもらえません。

 

申込みから契約までの手順

 
楽天銀行スーパーローンに申し込むには、インターネットから行います。

手順について、説明します。

  1. 申込みフォームに必要事項を入力して送信
  2. 受付メールが届き、楽天銀行側で審査がおこなわれる
  3. 審査結果のメールが届く
    ※「@cc.rakuten-bank.co.jp」を受信できる設定にしておきましょう。
  4. 勤務先への在籍確認の電話がある
    ※主婦の場合は除く
  5. 本人へ、契約内容確認の電話がある
  6. 必要書類を提出する
    ※3日以内に送信すること。郵送または、スマホアプリで提出可能
  7. 手続きが完了後、ローンカードが発行される
  8. 必要な人は、口座振替依頼書を返送する

 

申込みの手続きは、スマホやパソコンなどネット経由ですれば24時間可能なのでとても便利です。
 

必要書類について

 
楽天銀行スーパーローンに申し込むには、いくつかの書類を準備する必要があります。
 

なお、収入証明書等の書類については、審査を通過したあと、契約確認の電話連絡の際に詳しく伝えられます。
 

必要になる書類は、次のとおりです。

 

本人確認書類

 
次のいずれかの写しが必要です。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

証明書類送付アプリを利用してスマホからでも簡単に提出できますし郵送も可能です。

 

楽天銀行スーパーローン申込書兼保証依頼書

 
申込み時に記入する書類で、インターネット申込の場合は不要です。

 

楽天銀行スーパーローンのお金の借り方

 

振込みでお金借りる

 

スーパーローンメンバーズデスクのキャッシング申込みについて、詳しく説明します。
 

メンバーズデスクに登録していれば、借入れをしたい時にすぐに申込みができます。申込みをすると、すぐに登録した口座にお金が振り込まれるので、急にお金が必要になった時にとても便利です。

 

何かの返済日に間に合わない時などでも、自宅からの手続きで口座の残高不足に充てることもできるので手間なしです。

なお、振込みサービスの詳細は次の通りです。

 
パソコンやスマホ、電話から振込み融資の申込みができます。
 
フリーダイヤルも24時間対応という手厚さです。

 

楽天銀行の場合

 

振込先が楽天銀行なら、24時間365日融資受付&即時に指定した金額が口座に振り込まれます。

 
楽天銀行ネット口座開設窓口はコチラ



 

その他の金融機関の場合

 

0:10~23:50まで受け付けています。
 

平日の0:10~14:45までに申し込んだ場合、当日中に振り込まれます。
その他の時間帯では、金融機関の翌営業日中に振り込まれます。
 
電話の場合は平日14時30分までの受付分が当日扱いとなります。

 
楽天銀行スーパーローン審査申込み窓口はコチラ↑ ↑

 

ATMからキャッシングで借りる

 

提携会社・金融機関のATMから借り入れができます。全国に約80,000台以上あるので、お近くのATMを利用すると便利です。コンビニでも借り入れができます。

 

手数料無料のATM一覧

 

    (2015.02.03 更新情報)

  • ローソンATM (※注1)
  • イーネット:コンビニATM(※注2)
  • イオン銀行
  • セブン銀行 (※注3)
  • 三井住友銀行
  • 北都銀行
  • 東京都民銀行
  • 東京スター銀行
  • 栃木銀行
  • 愛知銀行
  • 名古屋銀行
  • 高知銀行
  • 富山銀行
  • 大光銀行

 

※上記ATMでも、時間外手数料が表示されてしまうことがありますが、実際にはかかりません。

なお、カードで返済する場合は、手数料はかかりません。

 
(※注1)
ローソン設置のLANSのATMが対象です。LANS以外のATMについては設置金融機関に応じて借り入れ手数料が発生します。

 
(※注2)
e_net
イーネットはこのようなマークのあるコンビニに設置されています。
ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ、サークルKサンクス、スリーエフ、セーブオン、コミニュティストア、ポプラ、生活彩家、セイコーマート など。

 
上記の3種類の中から、お好きな方法でお金を借りることができます。

 

借入れ時の手数料について

 

楽天銀行スーパーローンのカードローン借り入れ時の手数料について説明します。
 

楽天銀行スーパーローンは全国8万台の提携ATMから借り入れが可能です。
利用する提携ATMによっては、手数料がかかります。

 
ただ、コンビニ内など手軽に利用できるATMで手数料無料のところも多く、時間外や休日(土日祝)も手数料ナシで利用できる点は楽天銀行スーパーローンのメリットです。

 

手数料有料の場合

 
手数料は、次のようになっています。
・借り入れ金額が1万円以下⇒108円
・借り入れ金額が1万円超⇒216円

手数料は、ATMを利用した時ではなく、毎月の返済額から差し引いてのお支払いとなります。

 

楽天銀行スーパーローンの申込みはこちら

 

楽天銀行スーパーローンの返済方法

 

楽天銀行スーパーローンのお金の返し方や返済日について紹介してます。

返済日について

 
ローンの返済について説明します。

楽天銀行スーパーローンでキャッシングをした場合、返済日は次の中から選べます。

  • 1日
  • 12日
  • 20日
  • 27日

給料日などをもとに、都合の良い日を選んで返済日を設定しましょう。
なお、27日に引落しができるのは、楽天銀行から引き落としの場合のみです。

 

月々の返済は、登録した金融機関の口座から自動で引き落とされます。
返済日が金融機関の休業日にあたる場合は、翌営業日に引き落とされます。
 

一部、口座振替を指定できない金融機関や、指定できない日がある金融機関もあります。

 
一度金融機関を登録したものの、途中で変更したくなったり、返済日を変えたくなった場合は、楽天銀行のカードセンターに電話をすれば、対応してもらえます。受付時間は平日9時から17時になっています。

 

インターネット返済について

 

スーパーローンメンバーズデスクのインターネット返済について、詳しく取り上げてみます。

楽天銀行スーパーローンの返済は、ATMなどでも行うことができますが、ATMを探したり出向くのが面倒なこともあると思います。
 

インターネット返済なら、家にいても外出先でも返済ができて便利です。
 

利用するには、スーパーローンのインターネット返済が可能な金融機関において、インターネット/モバイルバンキングを申し込んでいる必要があります。
 

返済は1円単位で行うことができ、手数料も無料です。
 

24時間いつでも返済することができます。ただし、次の日時は停止になります。
 

  • 23:30~0:00
  • 6月、9月、12月の第3日曜日の0:45~5:30
  • 毎月第2火曜日の2:00~6:00
  • 1月1日~3日
  • 5月3日~5日
  • 金融機関のメンテナンスが行われている時

 
楽天銀行スーパーローン申込みはコチラ
 

随時返済がオトク

 

あらかじめ設定した返済日を待たなくても、臨時収入や手持ちのお金のめどがついた時には随時返済がおすすめです。
 

金利手数料は日割りで計算されるので、一日でも早く返済することで、かかる利息を減らすことができます。

 
楽天銀行スーパーローンは、便利なインターネット会員サービスがあり、自宅にいながら返済が可能です。とても使い勝手もよく便利です。

 
随時返済のタイミングによっては、口座からも引き落としがかかります。
 

その際、引き落とし指定口座の残高を、引き落とし金額以下にしておけば問題ありません。
 

また、いったん、引き落としがかかった場合にも、特に連絡等をしなくても2・3営業日以降には再度口座に入金されるので大丈夫です。

 
不明な点があれば、コールセンターに問い合わせしてみましょう。
 

ローン返済口座について

 

楽天銀行スーパーローンの返済口座は、楽天銀行カードを申し込んだ時に、希望の金融機関の口座を登録します。ただし、指定できない金融機関もあります。
 

月々の返済を口座振替で行う場合、指定日に引き落とされますが、金融機関によって、特定の日にちを指定できないところもあります。

 

27日を指定できない金融機関

 
楽天銀行以外

 

1、12、20、27日を指定できない金融機関

 

  • 新銀行東京
  • ソニー銀行
  • ゆうちょ銀行
  • じぶん銀行

 

12日を指定できない金融機関・シティバンク

 

  • 商工中金
  • 沖縄銀行
  • 福邦銀行
  • セブン銀行
  • 住信SBIネット銀行・イオン銀行

 
ローンの返済は、口座振替だけでなく、提携ATMから返済する方法や、インターネットから、または振込で返済する方法もあります。

 

随時返済・一括返済について

 

返済については、毎月返済するほかに、随時返済や一括返済も可能です。
随時返済とは、お金に余裕がある月に希望の金額をその都度返済することです。
 

随時返済を行うと、返済の負担が軽くなるので、早くローンを返してしまいたい方にはおすすめです。
 

一般的な金利とは、日割りでかかるため、こまめに返済すれば負担する利息を減らせます。

とくに随時返済を行うことを楽天銀行側に連絡しなくても、次のようにすれば返済できます。

 

提携ATMで入金する

 

楽天銀行スーパーローンカードを利用して、提携ATM経由でお金を返します。
 

ATM手数料は無料です。
 
返済は千円単位となりますが、一部の提携先店舗では一円単位で返済することもできます。

 

インターネットから返済する

 

メンバーズデスク(インターネット会員サービス)から金融機関のインターネットバンキングを利用します。手数料は無料、返済は一円単位です。

 

振込による返済

 

指定の口座に振り込みます。振込手数料がかかります。

 
楽天銀行スーパーローンの借り入れは1万円単位ですが、借りた当日に不要なぶんを返済することで、1円単位の借入が可能になります。

 
借りたお金には、利息がかかりますので、必要金額以上の借金をすることを避けられますし、インターネットサービスを利用すれば、返済の手間も省け、自宅から返済できるので、上手に使いこなしてお得にお金を借りましょう。

 
 

-借り入れ方法
-, ,

Copyright© お金を借りる | ネットでカードローン申込み , 2019 All Rights Reserved.